おはようございます(^▽^)

なでしこ、ベスト8進出しましたね!
やっぱり女子は安定感ありますね。
昨日は出かける前の準備をしながらだったので、ゴールシーンすべて見逃したという…
ですが、無事に勝ってよかったぁ~♪


さて、メイソンジャースイーツ、vol.2でございます。
(ちょっと別のところでレシピを出していることもありまして、
今回もレシピをご紹介しております(^ω^ゞ)

今回はこちら。

 メイソンジャー de プリン ア ラ モード☆ ~憧れをジャーに詰めて

イメージ 1


子供の頃、あこがれのスイーツだったのがプリンアラモード。
レストランで注文するのが楽しみだったお菓子です。

想い出を詰めるメモリージャーのように、
スイーツの想い出ををジャーに詰め込んで作りました(*´艸`)


ビンなので、そのままプリンも仕込めちゃう♪
冷やし固めるのもビンなら楽ちんです!


前の記事と重複するところもありますが、
見やすいように省略しないで書かせていただきました(^_-)-☆

 ☆☆ レシピ ☆☆


 ☆材料☆  ~メイソンジャー240ml 8ozのワイドマウス 4個分


 ☆プリン:ジャーの下の部分

  ・全卵      2個
  ・牛乳      300cc
  ・砂糖      50g
  ・ゼラチン   5g

  カラメルソース用
  ・砂糖      50g
  ・水       25cc

 ☆スポンジ生地(ジェノワーズ):ジャーの真ん中 
  (今回は一つのビンに1枚ずつなので、小さめの天板で焼きました。
   18cmのデコ型に薄く焼いてもOKですよ♪)

  ・全卵     2個
  ・砂糖      55g
  ・薄力粉   60g

 ☆仕上げ用

  ・生クリーム     150cc
  ・砂糖      30g

  ・お好みのフルーツ     
   今回は・・・マンゴー・黄桃(缶詰)・ブルーベリー(生)・ラズベリー(冷凍)
       
  ・ミント      あれば


※下準備(ポイント!)

 ・ジャーはふた、ビンともに必ず煮沸消毒しておきます

イメージ 13
  
  
  ☆ビンは思いの他、きれいに洗いにくいもの。
   また食品保存ができるということはよいものも保存できますが、
   細菌も保存できるということなので、しっかり消毒しておくと安心。


 ・生のフルーツはきれいに洗って、水気をしっかり切って、キッチンペーパーなどで
  水分をふき取っておきます。

  ☆生クリームとフルーツの水分の間に雑菌が繁殖しやすいので
   フルーツの扱いには十分注意します。


☆作り方


 プリンの作り方

 ①カラメルソースを作ります。

イメージ 2



  小鍋などに砂糖と水の半分を入れて、火にかけて弱火と中火の間ぐらいに
  かけて行きます。
  すぐに焦げるので絶対に目を離さずに。

  鍋の中の砂糖水がふつふつと沸騰し、色づいて着たら火を止めて、
  色止めに残しておいた水を入れますが、跳ねるので、やけどに注意して入れます。

  固まらないうちにグラスに注いでおきます。



 ② プリンを作ります。

   今回は板ゼラチンを使っています。
   板ゼラチンは使う前に水を入れたボールに入れてふやかしておきます。

イメージ 3



   
   ※粉ゼラチンを使う場合はゼラチンの分量の5倍の水を入れてふやかしておきます。

    板ゼラチンは菜箸などで、ゼリー液のベースや温めた食材に
入れます。



 ③ ボールに卵を割り入れてほぐし、砂糖の半量を入れてよく混ぜます。
   (泡立てる必要はなく、ぐるぐると混ぜて砂糖を溶かす)

   小鍋に牛乳を全量入れて、砂糖の半分を入れて軽くゴムべらで混ぜて火にかけます。
   鍋のふちがちりちりいってきたら火を止めます。

   牛乳を少しずつ入れてよく混ぜていきます。
   半量混ぜたら、ボールの中の卵液をすべて鍋に入れます。

 ④ 小鍋を弱火にかけて、ゴムべらで底からゆっくり混ぜながら、
    焦がさないようにゆっくり火を通します。
   (卵の殺菌のため。70℃程度になっているのが目安。)

イメージ 4




     弱火で1分程度火にかけたら火を止めて、ゼラチンを入れてよく溶かし、
    注ぐためのボールに茶こしをかけて、プリン液をこします。

イメージ 5


そのままでもいいのですが、漉すことでゼラチンの固まりなども取れて、
より滑らかでおいしいプリンになりますので、
この工程をすることで仕上がりもぐっと変わります。


 ⑤ 氷水に当てて静かにゴムべらで混ぜながらしっかり冷やします。
   
   温かいままジャーに入れると固まる時間が長くなったり、
   傷みやすくなるので、素早く冷やすのがポイント。
   しっかり冷えていれば、固めるときもジャーのふたを閉じて冷蔵庫に入れられます。

   冷えたらビンに入れてふたを閉めて冷蔵庫で冷やします。

   
イメージ 6



 スポンジ生地(ジェノワーズ)の作り方


 ① 全卵をボールに割り入れ、ハンドミキサーでちょっと卵をほぐしてから
   砂糖を全量入れ、低速で軽く混ぜ、その後、高速で一気に泡立てます。

  しっかり積もるぐらい泡立てるのがふわふわの生地を作るポイント!

イメージ 7

 
 ② ふるった薄力粉を加えて、ゴムべらで混ぜます。

  ボールの真ん中をゴムべらを通してから手首を返してボールを1/4回転、
  これをリズムよく繰り返しながら、
  粉が見えなくなり、生地につやが出るように混ぜます

イメージ 8

 

 ③ クッキングシートを敷いておいた天板に生地を入れて表面を均し、
   190℃に予熱しておいたオーブンで約12~13分焼きます。

イメージ 9


  オーブンによっては焼きむらがつくものもあるので、
 その際には、残り5分ぐらいになったら、途中で前後天板を入れ替えてください

 焼きあがったらペーパーを外さずに上が乾燥しないようキッチンペーパーなどをかけて
 ケーキクーラー(網)の上などで冷まします。

 


  ④ 生地を焼き上げて冷めたらジャーの大きさに合わせてキッチンばさみなどで
    カットします。
     
大きさに合わせて抜いてもいいのですが、側面の生地がつぶれやすくなって
        しまうので、大きさに合わせてカットするほうがおススメ。

      カットが難しい場合は角切りにして、敷き詰めてもOKです。

イメージ 14



 ☆余った生地はラップをしてジップロックに入れて冷凍すれば数日は持ちますので
  また別なお菓子にも使えますよ♪
  (トライフルなどを作ってもいいです)

 

 仕上げ

 
    ① プリンがしっかり固まったら盛り付けていきます。

    プリンの上には生地とのコントラストを出すために生クリームを先に絞ります。
    真ん中を開けてフルーツを入れました。

イメージ 10



 ② その上にスポンジ生地をのせて、フルーツをのせたら、
   生クリームを星口金をセットした口金で絞っていき、
   上にフルーツとミントを飾ったら完成ですヾ(^▽^)ノ

イメージ 11


   今回はジャーの高さからクリームが少し出るようなデコにしていますので、
   ふたをしてしばらく保存する場合は食べる直前に上の
   クリームとフルーツの盛り付けをする方がきれいです。


保存はふたを閉めた方がいいので、閉めて後で食べる場合は、
ふたが閉まるぐらいの高さにデコをする方がいいと思います♪

また、中蓋を取ってサーブするのもおしゃれ。
食べるときは取った方が危なくないですし、食べやすいと思います(^_-)-☆


イメージ 12





スイーツなので、他のジャーのお料理と違い、当日中に食べた方が安心です(^_-)-☆

自分で作って言うのもなんですが、
懐かしさと幸せを感じるプリンアラモードに仕上がりました(*´∀`*)
大満足~♡


スポンジ生地とプリンを同時に作るのが大変な場合は、
スポンジ生地だけ前日に作って、冷めてからカットして、
しっかりラップをしてジップロックなどに入れて、冷蔵庫で保存すれば、
翌日にプリンを作って仕上げをすることも可能です。
(スポンジ生地はクリームなどを何も塗らなければ翌日でも食べられます。)

また、同様に密閉して冷凍しておけば数日は持ちますので、
後日別なお菓子にちょっと利用することも可能です。



ぜひ楽しんでみてくださいねヾ(^▽^)ノ


ちょっとバタバタしておりまして、訪問遅れて申し訳ありません(^ω^ゞ
ゆっくり伺わせていただきますね。

今日も皆様、よい一日を.:*・゚☆+*



                
 
 
    ご訪問、温かいコメント、応援ポチ☆、いつもたくさんいただきまして、
    ありがとうございます(^▽^)
 
    頂いたコメントは大切に読ませていただいております。
    リコメスタイルにつきましてはこちらの記事に書かせていただいております。

 
「にほんブログ村」のスイーツブログ、「レシピブログ」に参加しています☆
いつもたくさんの応援をいただき本当にありがとうございます+*+

  

Copyright (C) 2015 Ouchi de Petit Cafe All Rights Reserved.